2013年10月03日

気象学入門!

131003_0858~01.jpg

この夏、何で黒い雲があるんだ?と疑問に思い、図書館で本を借りて読み始めた。
雲が黒かったのは、雲が厚かったから。
なるほどな〜。

「気象学入門」は手元に置いてもうすぐヒトツキ。
とても難しい。
分かった気がするだけで、実は分かっていない。
テレビでみる天気図や予報は平面だけど、本の中のお話は3D!
空間が…難しい。

でも、わかってもわからなくても一冊読みきりたい!
負けないぞ(涙)
web拍手 by FC2
posted by nao at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

世に棲む日日(司馬遼太郎著)

NHK大河は好きで毎年チェックします。
途中で脱落することも多いですけど。
昨年の「平清盛」、世間では低評価でしたけど、私の中では久しぶりに見ごたえのあるドラマでした。
知らない話だったのでとてもよかったです。
ならばこのまま平安時代あたりの小説でも、、、と思っていたんですけどね〜。

「八重の桜」を見始めたら一気に幕末モードになってしまいました。
今回の大河の配役は若い人が多くていいと思うんですよね。
特に、松平容保なんかは素敵すぎて、「彼のために視聴しよう!」と思ってしまったくらい。
勝海舟も若くていいわ〜。
いつぞやの武田さんは年寄りすぎちゃって違和感たっぷりだった。
あのときは、龍馬も中年だったからね、、、。
みんな年寄りくさくなっちゃうよね。

話がそれちゃった。
八重の桜で「吉田松陰」を小栗旬君が演じていましたね。
私の中ではとてもいい配役になっていて、それで「世に棲む日日」が家に放置されていることを思い出したんです!
以前読もうと思ったけど、数ページで挫折したんですよ。
でも、今回は違いました。
一気に読みきりました。
とっても面白かったし、感動したし、熱くなりました!しびれます。
吉田松陰と高杉晋作のお話なんですけどね、泣きました。


130209_0135~02.jpg


あ〜、こんな素敵な本を寝かせていたんですね・・・。
とても面白かったので、勢いそのままに「竜馬がゆく」を再び読み始めました。
「世に棲む日日」では大雑把に話が進んでいる感じがしたので、歴史に対して物足りなさを感じちゃて。
前回読んでからだいぶたっていて結構忘れているし、理解しきれていないところも多かったと思うので。

・・・と、こういう流れになると大河ドラマがつまらなく思えて挫折すること多いんだよね。
「八重の桜」は最後まで見られるかな〜。


web拍手 by FC2
posted by nao at 14:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

八朔の雪(高田郁著)

121010_2353~01.jpg

少し前に北川景子主演で放送されていたドラマ、「みおつくし料理帖」がとても面白かったので図書館で借りて読みました。

ドラマとは少しだけ話の展開は違いましたがとても楽しく、また心があたたかくなりました。
言葉が優しいんですよね。

シリーズで出ているようですから、続きも読んでみます。

ドラマも続編放送してくれないかなぁ〜。
北川景子がとてもかわいかったです。
小松原さまも素敵でしたわ♪
web拍手 by FC2
posted by nao at 09:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

そうめんかぼちゃ

ノリッチ君の会社の方の畑で採れた「そうめんかぼちゃ」をいただきました。
テレビでは見たことあるけど、ほんとに中身がそうめんみたいなのか!?
 
作り方をネットで検索。
皮ごと3センチ程の輪切りにし(皮が固すぎてビックリ)、スプーンで中のワタを取り除き、水から茹でました。
沸騰して10分!
 
 
 
その後水にとり粗熱を取ると…不思議不思議!軽くほぐしただけでそうめん状に!
見た目は刺身のツマ。
味は特にないように感じました。
 
 
その後めんつゆでいただきました。
さっぱりしたものが好きな私にはピッタリ!
ノリッチ君には物足りなかったそうです。
 
採れたて新鮮なお野菜を分けていただけるなんて幸せです。
ご馳走様でした。
 
 
 
web拍手 by FC2
posted by nao at 13:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

もしドラ

110625_1332~01_0001.jpg

図書館でかなり前に予約して忘れた頃に順番が回ってきました。
楽しみに読み始めましたが、ぜんぜん進まない。
つまらない、というか分からない。
文章も読みにくい。
私には合わない本でした。
結局半分も読めずに返却しました。
web拍手 by FC2
posted by nao at 09:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

北条政子(永井路子著)

 
今回は鎌倉時代の本を読みました。
戦国時代よりずっと前だし、伊豆や鎌倉等、関東の土地勘がほぼナッシング!なので、かなり苦労しました。
分かっても分からなくてもとにかく読み進めていきましたら、あら?なんだか覚えのある話が!
そうでした、タッキーが大河で義経をやるときに司馬遼太郎の義経を読んでいたのでした。
大河も見ていたしね。
おかげで前半はスムーズにクリア。
その後は話の展開が面白くて、ちゃ〜んと読破できました。
 
歴史は好きだけど詳しくはない悲しい私なので、源氏と平氏にピンとこないし、朝廷と幕府の関係もチンプンカンプンですよ〜。
 
そんな私の強い味方がこれ
 
 
文字は少なく、絵が多いのがいいです。
 
因みに、戦国時代にはこちら。
入門者にはもってこいですよっ!
 
 
話が大きくそれましたが、北条政子、楽しかったです。
知らない話がいっぱいでワクワクドキドキでした
源頼朝が平家を倒し、鎌倉幕府を開くのですが、頼朝が亡くなったあと後継者をめぐり厄介がいっぱいです。
読んでいる私も頭を抱えましたよ
 
時代が違うので比較をしていいのか分かりませんが、長く続いた江戸幕府ってすごいな、といつも思います。
 
次は室町幕府あたりを読んでみたいなぁ。
 
ところで、いつも腹立たしく思うのは、私がせっせと読書して得た歴史知識をノリッチ君は既に知っている!ということです。
私の借りてきた本を実はこっそり読んでいるんじゃ!
学校で習ったから当然らしいです。
さらにムカツク発言ですねっ
 
 
web拍手 by FC2
posted by nao at 12:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

姫の戦国(永井路子著)

100206_2303~01_0001.jpg

やっぱり戦国ものは面白い!
今回は、京の公家出身の悠姫(寿桂尼)が武家である駿河の今川氏親に嫁いだ話。
寿桂尼は今川義元のお母さんです。
義元は桶狭間で信長に討たれちゃうんですけどね。

今川の話は初めて読んだのですが、知らない話がいっぱいで楽しめました。
私がいままで知っていた今川は、信長に討たれ力を失っていく姿だけでしたからね。
隣国、北条や武田との話も少しでてきて、なるほど〜でした。
義元の軍師雪斎も登場したし。
そうそう、今川に人質として入っていたら後の家康もでてきたよ。軽くだけど。

ぜひ手元に置いておきたい本です。
また暫くしたら読み返したい(^-^)

はぁ〜楽しかった!
web拍手 by FC2
posted by nao at 15:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

私のこと、好きだった?(林真理子著)

100131_1800~02_0001.jpg

初めて読んだ、林真理子さんの本になると思います。
新刊なのですが、図書館でサクッと借りられたので、久しぶりに戦国時代からの脱出!です。

実にサクサクよめましたよ。
あっという間に読みきりました。
が、なにも心に響かないし、心に残らなかったです。

主人公は有名テレビ局の女子アナで独身、40才過ぎてるから、私と同世代くらいかな。
女子アナとしては商品価値が落ちているが(若さがね)、実力はたっぷりあるし、一生懸命に仕事をこなす女性。

恋愛、不倫、結婚、妊娠と盛りだくさんです。

私は仕事してないからぴんと来ないのかなぁ〜。
既婚者だから分からないのかなぁ。

他にも登場人物はいますが、どの人にも魅力を感じなくて…。
不愉快な気分になることもあったし。

時間を忘れて読めるから、没頭したいときにはいいかも!?

残念ながら、私にはあわない本でした。
web拍手 by FC2
posted by nao at 19:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

お市の話

 
再び永井路子さんの本を読みました。
今回は、
流星  お市の方
です。
 
タイトル通り、信長の妹、お市の生涯についてのお話しです。
今回は戦の話もそこそこ書かれていて楽しかったです。
あぁ、小谷城行ってみたい
永井路子さんの本は読みやすいです
 
 
web拍手 by FC2
posted by nao at 18:26 | Comment(4) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

乱紋

初めて永井路子さんの小説を読みました。
「乱紋」と言って、信長の妹「お市」の三人娘、お茶々、お初、おごうの話です。
 
 
おごうって、三度も結婚していて、三度目の嫁ぎ先が家康の息子、秀忠だったんだね。
お茶々は秀吉の側室で、お互いの子供を結婚させてるんだなぁ。
まぁ、良くあることかな。
しかし女三姉妹、怖いね〜。
…と感じる本でした。
三姉妹に限らず、女は怖いよね。嫉妬とかいろいろ。
 
戦国時代の話だけど、戦についてはサラッと書かれているだけで、ちょっと物足りないけど、でも楽しくて読みやすいからサクサク読めました。
再来年の大河はおごうの話とか。
どんな話しになるんだろう…楽しみだわ。
 
 
web拍手 by FC2
posted by nao at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

果たして私は歴女なのか

 
遠藤周作の反逆を再び読んでみました。
 
戦国時代の小説で、タイトル通り、裏切り話です。
例えば、信長を裏切った荒木村重とか、明智光秀とか出てきます。
話は広く浅く進み、秀吉が柴田勝家に勝利するあたりまでが書かれています。
地図片手に楽しく読みました。
 
 
次に、司馬遼太郎の覇王の家を再び読みました。
徳川家康の話が広く浅くサラッと書かれています。
詳しく書かれていない分とても読みやすいです。
こちらも地図片手に楽しく読みました。
特に、小牧・長久手の戦いには熱くなってしまいました。
 
 
写真見にくいけど、地名に赤丸をつけながら、ほほぅこのあたりに陣を…なるほどこちらに進軍…という風にしています。
これが楽しいです
 
歴史が好きなのか、地図が好きなのか…。
 
さてと、次は何を読もうかな〜。
 
 
あ、タイトルについてですが、歴女は今年の流行語ですって。
歴史に詳しく戦国武将が好きな若い女性をさすとか。
私は詳しくないし、好きな武将もいませんし、何より若くない
歴史が好きな中年のおじさんのグループに分類されるのでは?と自分では思っています。
 
 
web拍手 by FC2
posted by nao at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

やっとやっと読み終えた「竜馬がゆく」

一時読むのをやめていたのですが、思い出したように最近読み始め、今日ようやく読み終えました。
も〜最後は泣きっぱなしで悲しくて悲しくて。
歴史の小説でこれほどまでに号泣したのは初めてです。
歴史ものって、史実だし結構泣けるんですよ、でもこれほどまでとは・・・。

今放送中の大河「天地人」はほとんど見ていなくて、来年からの龍馬に期待です。
福山さんなのがちょっとピンと来ないけど、きっと彼も立派な俳優さんだから、大丈夫ですよね。

さて、次は何を読もうかな〜。
時期大河に向けて、もう少し幕末や明治維新あたりの本を読んでみようと思っています。

司馬遼太郎でね。

話がそれたけど、「読んだ事ないなあ、ちょっと興味あるなあ」と思う人にはぜひぜひおすすめしたい本です。
全8巻と長いけど、竜馬は本当にすごいです。
しびれるセリフがいっぱいなんです。
竜馬がすごいのか、司馬さんがすごいのか・・・。
(思ったとおり)読み終えるのに時間がかかったけど、本当に本当に読んでよかったです。
web拍手 by FC2
posted by nao at 20:22 | Comment(1) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

その船に乗ったら・・・

竜馬がゆく、第7巻も終わりに近付いています。
(読むの遅いですね・・・)
長崎にいた竜馬ですが、京都行きの船へ乗ってしまいました・・・。
その船に乗ったら、京都に行ってしまったら、、、ダメなのに。

週末には第8巻に入れる予定です。
さあ、いよいよです!
web拍手 by FC2
posted by nao at 18:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

大接戦!!

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」第6巻を現在読書中です。(全8巻)
NHK大河の「篤姫」と進み具合が同じレベルにきてしまいました!
つまり、追いつかれたぁ〜!!!
追い抜かれるのは時間の問題なのでしょうが、出来れば先に読んでいたいので頑張るつもりです。
・・・もしかしたら、とっくに追い抜かれているのかもしれませんが。

「竜馬がゆく」とても楽しく読んでいます。
しびれるセリフもいっぱい♪
ところで、いつから読んでるのかなぁ?
たぶん半年以上読んでいると思います。
なかなか思うように読み進めることが出来ませんね(笑)
読破まであと2冊と少し。
次は何を読もうかなぁ〜。
予定では、また司馬遼太郎の何かを読む予定です。
web拍手 by FC2
posted by nao at 15:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

寺田屋事件!

ただ今「竜馬がゆく」の5巻を読んでいます。
龍馬と西郷どんが対面しました。
週末には6巻に入れそうです。(全8巻)
非常に面白いです。
日本の歴史が大きく変わろうとしています。
土佐藩のためでなく、日本の未来のために動いた龍馬。
かっこよすぎです!

・・・日本の政治家の皆々様よ、聞いてますかい?

さて、「竜馬がゆく」を読めば読むほどに、寺田屋へ行きたい気持ちが大きくなります。

インターネットで実際に行った方の記事を読んだりして、とりあえず行った気分♪にひたっていました、のに、、、。
なんと、池田屋は再建だった!!という衝撃的ニュースがぁ(涙)
じゃあ、あの刀傷は???

ですが、やっぱり寺田屋を見に行きたいです。
出来れば高知に行って、「龍馬脱藩の道」も歩いてみたいです。
NHKの篤姫にも龍馬が登場してきました。
これからますます楽しくなりそうです。

今まで戦国時代の本ばかり読んでいましたが、維新もなかなかよいです。
っていうか、司馬遼太郎最高です!
web拍手 by FC2
posted by nao at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

ハガレン大人買い!

hagaren_IMG_0311_edited.jpg


結局、鋼の錬金術師を大人買いです。
ノリッチ君と一緒に漫喫に行き読みましたが、読むのが遅い私は1時間近くいて、読めたのは1冊と少し。
1時間350円の(安い)漫喫なのだが、これでは20冊読み終わるまでどれだけコストがかかることか・・・。
ノリッチ君と相談し、ブックオフオンラインで大人買い決定♪
やった〜(^^)/

今回初めてブックオフオンラインを利用したんだけど、大人買いボタンなんてのがあってね、便利だけど恐ろしい(苦笑)機能ですよ。
一冊発見〜大人買いボタンクリック・・・じゃ〜ん、全部揃えるとおいくらです〜てな具合です。
もちろん、カートに全冊入れることも可能。
あぁ、便利すぎる。
簡単に、便利すぎる〜。

面白いのが、そのときによって価格が変動すること。
私は20冊中、新品は3冊。
半分くらい新品のときもあったし、全冊揃わない(欠品)することも。
しかも、中古でもそれぞれ価格が違う。
もう購入したっていうのに、面白くて何度も確認しに行きましたよ(笑)

いや〜、楽しかった♪

で、コミックの鋼の錬金術師も面白いです。
ノリッチ君も一緒に読めたので、漫喫行くよりコスト安。
ただで楽しむことは出来ないからね。
何事も、「等価交換」ですから。
(あぁ〜、すっかりやられてる!)
web拍手 by FC2
posted by nao at 23:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

一瞬でいい(唯川恵著)

070902_2245~0002.jpg

久しぶりに小説を読みました。
ダラダラと読むことが多いですが、今回は1日で読破!
まぁ、軽かったからかな?

高校生4人が浅間山登山中、怪我した友人を含めた3人を残し、助けを求めに下山した一人が滑落死してしまう。
自分の怪我のせいで、あの日に計画したせいで…。
残された3人の30年が描かれています。

唯川さんの本を読むと、小田さんの「あの日あの時あの場所で…♪」が頭の中に流れます。
本の内容とずれるけど、こんな私にもいろいろな「あの一瞬」があったはず。
それから、生きた人生と生きられなかった人生。
唯川さんの本にはこの辺りの話が多いです。これも好きなセリフです。

ですが、ずっと前に読んだ「永遠の途中」が今のところ一番好きかな。(ページも少なめの本だし)
読んだ時の自分のコンディションにもよるんだろうけど。

少し疲れたけど、楽しい1日でした。
新刊なんだけど、図書館に早く予約したからもう読めちゃった!

そういえば、先月は劇団ひとりの小説も読みました。こちらは、図書館で一年待ちました♪
一年待ってこれ!?な作品でした。
web拍手 by FC2
posted by nao at 23:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

新刊!

070213_1851~0001.jpg
はぅ〜ん♪
待ってました(^-^)/
でも、今回はオマケが無いのね(T_T)
web拍手 by FC2
posted by nao at 20:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

のだめカンタービレ

image/apm-2006-06-26T22:56:36-1.jpg
やったね〜大人買い♪
ぎゃぼっ!!

・・・調子に乗って更新してます。
今回は写真を添付してみたのだけど、どうかな?
web拍手 by FC2
posted by nao at 22:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする